スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑木林沿いの暗いところで女の子が数人の男に囲まれてた

328: おさかなくわえた名無しさん 2003/09/19 22:44:00 ID:K0eFNswk
まだ膝が震えているのでsageで。

先ほどまでジョギングをしていたのですが、途中、雑木林沿いの少し暗い
ところで女の子が数人の男に囲まれてました。
(そういうのはよそでやって・・・)
と思ったものの廻れ右もできないし、実は友達同士でたむろしていると
いうオチを期待しながら走りすぎようとしたら、「助けてください」と声が。

えーと、4人いるんですけど・・・。

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!伍


続きを読む
スポンサーサイト


友人義母が私の身なりを見て友人いびりのネタにしたが、話の中に友人義父の職業があったのを思いだし

719: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/02 16:50:22 ID:SnpSvan+
先日、結婚した友人の家に遊びに行きおしゃべりを楽しんでいたら、玄関がガチャっと開く音がした
てっきりご主人かと思い帰ろうとしたら、友人が首を振る
するとそこに中年の女性が入って来た。そして友人のお義母さんと紹介された
「え?チャイムもなしに入って来るの?」
と驚きつつ挨拶すると、友人義母は私の顔や服装を見て「やっぱり(友人)さんのお友だちだけあるわね」と笑った
私の顔立ちや服装がどうやらかなりお気に召さなかったらしい
「あなたのお義父さんはああであなたの夫はこうで。なのにあなたはそうなんて、付き合うお友だちもなんたらで」
どうやら友人を嫁として気に入らなかったようで、私がブランド物着てない。ちゃんとした家の人じゃない。といびりの格好のネタに思ったようだ
こちらがいたたまれなくなるほどに友人にネチネチ言うので、何だか泣きたくなっていた(もちろん友人も涙目)
しかし友人義母の話の中に友人義父の職業があったのを思いだし、よしと決めた。「あの・・ご主人は○○とか。父がお世話になっております」
話の腰を折り頭を下げた。女性はどうやら私を夫の部下の娘だと思ったようで、横柄に「あら、そうなの」と受けていた

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(116)


続きを読む


嫁が強い中年になる頃、あなたは助けなしに生きられなくなる。その時嫁が助けてくれると思う?

10: 名無しさん@HOME 2012/07/16 20:08:06
直接言ったわけじゃないからスレチかもしれないけど、お茶うけに。

先日旧友が家に遊びにきて、息子さんがもうすぐ結婚するのだが
お嫁さんになる予定の人が、どうにも気に食わないと愚痴をこぼした。
「○○(地方名)の人って、なんだかねぇ。
家族もみんな○○弁丸出しで、品がない感じで。うちの家風には合わないって反対したんだけどね」
と語る顔は、私の知っている友人ではなく、すっかり姑の顔になっていて哀しかった。
しかも彼女は、すでに嫁いびりっぽいことをコチョコチョしているらしい。
「あの子は気付いてないから大丈夫。私が勝手にスカっとしてるだけー。自己満足ねー」と笑う顔につい切れて、強い口調でたしなめてしまった。

引用元: 勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其159


続きを読む


結婚準備中にうっかり妊娠→姑「順番も守れずに家庭と子供を守れるの?」→3年後、義妹が未婚で妊娠

792: 名無しさん@HOME 2009/09/20 16:32:53
結婚準備中にうっかり妊娠した私は確かに悪かったと思うが
「順番も守れないのに、家庭と子供を守れるのかしらね?」とトメに嫌味を言われた
3年後、義妹が未婚のまま妊娠、出産後にすったもんだして入籍
その報告と相手の男の愚痴を言いに来たトメに
「順番守れなくてもちゃんと幸せな家庭を築けてますから、妹ちゃんも大丈夫ですよ!」と爽やかに言ってやった

引用元: 勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其144


続きを読む


コウトが「ドーーーン!」という声と共にトメの服をひっぱって前の座席に叩き付けた。マンガみたく鼻血を垂らしたトメ

349: 名無しさん@HOME 2011/10/08 01:37:17
携帯からなので改行等おかしかったらごめん。
妊娠中の私。初孫フィーバーに義母がはっちゃけ。
はっちゃけの中でチャイルドシートはいらない、自分がしっかり抱っこしてやる。
機械(?)に赤子を任せるなんてフジコ。血の通った温かみのある自分が守ってやる云々。
旦那、私、コウトが危険だから、違反だからと言っても聞かない。
で、ついこないだ旦那運転の車の中でのこと。
トメ、コウトが後部座席にいたんだけど、またチャイルドシートは人の温もりを教えてやれないだのウルセー。
すると突然、コウトが「ドーーーン!」という声と共にトメの服をひっぱって前の座席に叩き付けた。
マンガみたく鼻血を垂らしたトメが「突然何すんの!」とキレると「これが事故です。事故は突然起こります。
自分の身も守れない老婆が孫を守れますか?孫をエアバック代わりにして自分の命が助かりたいですか、そうですか」と
何故かの敬語で淡々とトメに向かって話していた。
旦那いわくコウトはマジ切れすると無表情で敬語になるとのこと。確かに迫力あった。
あれ以来チャイルドシートいらない発言してこない。コウト君、キミは我が家の勇者です。

引用元: 勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其156

続きを読む


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ YA YA アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。