スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1009: 以下、名無しにかわりましてクレソンがお送りします 1009/10/09 09:09:09 ID:heaventai


 





厳格だった祖父が入院先で「はずしてくれええほどいてくれええいえにかえりたいいいい」と叫んでいた

173: 名無しさん@HOME 2012/10/29 02:48:03
生き死にの話で思い出すのは祖父
ターミナル医療の入院病棟には、私物は一つも持ち込んではいけなかった。
メガネも、結婚指輪とかお守りとかも。そこで人間の尊厳をいきなり奪われる。
見舞に行ったら、厳格で教育者だった祖父が、
頭を剃られてパジャマ着て、両手をベッドに縛り付けられて
「はずしてくれええほどいてくれええいえにかえりたいいいい」
って叫んでた。ものすごいショックだった心の修羅場。

174: 名無しさん@HOME 2012/10/29 02:53:30
それは本当の意味でのターミナル医療をやってる病院とはいえないような

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £64

175: 173 2012/10/29 02:56:11
あ、そうなのね…20年くらい前の話です。
それ以降終末医療の話が怖くて、今でもよく知らないのです
自分の時はいっそ事故死したいくらいトラウマです

176: 名無しさん@HOME 2012/10/29 02:58:13
いまは「ターミナル医療」でググるとホスピスの話ばっかり出てくるよ。

177: 名無しさん@HOME 2012/10/29 03:04:26
>>173の祖父が入院させられたのは、おそらくいわゆる「老人病院」と思われ。

178: 173 2012/10/29 03:05:12
ホスピス軽くググってみただけだけど、涙出てきた…
今は全然違うみたいですね。
人間らしい死とか書いてある。
ちゃんと調べてみますね。こんな深夜の雑談から、ふと思い出した
事を書いてみたけど自分の中で思ったよりずっと、怖くて閉じ込めといたしこりになってたみたいです。びっくりした
174、176本当にありがとう

179: 173 2012/10/29 03:06:51
>>177
そういう名前では呼ばれてなかった、初めて聞きました。
田舎なので実態は違っていたのかもですね。

180: 名無しさん@HOME 2012/10/29 04:13:43
>>179
お祖父さんの入院が精神的なものなのか肉体的なものなのかわからないんだけど
終末医療というよりは精神科の隔離病棟的なものだったんじゃ?

祖母は最終的には感じのいい特養に入ってわりと穏やかな終わり方だったと思うけど
認知症が進み始めた頃に一時期診てもらってたところは「認知症の老人も扱う精神科」だった。

自分が子供だったんで当時の事情がよくわからないところもあるんだけど
既に色々なことがわからなくなっていた祖母が私を捕まえてすごい真剣な顔で
「あっち(食堂)には変な人が沢山いるから行っちゃだめ。絶対だめよ」って言ってたのを覚えてる。

181: 173 2012/10/29 04:46:00
>>180
ガンが進行していよいよあかんというときに入れられていたとこなんで、精神科ではなかったです。
同室には認知症でない方もいました。祖父はもうボケボケでしたけど。
子供には精神科はちょっと刺激が強そうですね。

1009: 以下、名無しにかわりましてクレソンがお送りします 1009/10/09 09:09:09 ID:heaventai


 






コメント

コメントの投稿

非公開コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ YA YA アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。